映画のタダ券があったものでせっかくならまた3Dのやつでも見ようかとアリス・イン・ワンダーランドを見てきました。感想としては結構面白かったとは思うがなんか盛り上がりに欠けたなあという感じ。

重箱の隅をつつくというかもともと意味深な振りの多い話でもあるからあまり突っ込むところじゃないのかもしれんが、「薬とケーキは持っていけよ!(薬は大きすぎて運べないにしてもケーキくらいは持っていけ)」とか、決闘のときヴォーパルソードにジャバウォッキーが負けるのわかってんだからジャブジャブに戦わせたらどうなんだ?とかついつい突っ込みを入れたくなる俺。まあ、そこらへんは気にしちゃいけないというかそういうものとして楽しむべきなんだろうけど。

しかし、3Dにした必要性に関しては若干懐疑的。3D眼鏡かけると視界がかなり暗くなるので3Dにするよりは普通に見せたほうがよかったんじゃないかなあと思う。アバターのようにアクションや映像が売りの作品なら3Dの方が見ごたえがあるが、アリス・イン・ワンダーランドはそうでもないからなあ~。